コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

アカプルコ

火曜日まで学校がお休みだったので、家族でアカプルコに行ってきました~。

メキシコに来てもうすぐ3か月。

2泊3日でしたが、初めてのプチ旅行。

我が家は飛行機でアカプルコ入りしたのですが、フライト時間は45分ほど。
車だと5時間ぐらいなのかしら・・・・。


久しぶりの飛行機が楽しみな二人。

DSC08931.jpg
DSC08934.jpg
そしてどこに行くにもクロックスだし・・・・。


うちのダンナさん、金・土曜日と、アカプルコのお隣の街へ出張だったので、とんぼ返り状態での出発。
私がもう少しスペイン語を上達して、こっちに慣れてきたら、現地集合でも大丈夫なんだけどね~。


そして飛行機へ・・。


ちっちゃ~~~~~~!!!

DSC08935.jpg

2席と1席のセマセマ飛行機でした。

DSC08936.jpg

脩は一人席。

飛行時間も短いので、飲み物が出たらすぐ到着!

あっという間にアカプルコ入りしました。

久々に「濃い空気」を堪能して、久々に「海」を見て・・・・。
そして久々に「湿度」を感じました。

DSC08940.jpg

今回泊まったホテルは「プライベートビーチ」があるってことで予約したんだけど、お部屋はちょっと狭かったかな。

DSC08944.jpg
DSC08946.jpg

アカプルコは波が荒いので、海で泳げないと聞いたけど、ここは湾になっていて大丈夫らしいし。


泳ぐ前に腹ごしらえ。

DSC08948.jpg
「何食べようかな~」

DSC08952.jpg
DSC08953.jpg

食べたら泳ぐ!

DSC08958.jpg

DSC08961.jpg


といっても4時近くから泳ぎ始めたので、2時間ぐらいしか遊べず、海はまた明日ということで・・・。

そんなアカプルコ初日でした。





スポンサーサイト
コンテントヘッダー

死者の日交流

今日は脩と陸が通っている学院で、死者の日の交流会がありました。

「死者の日」は日本の行事に例えると「お盆」のようなもの。
でも暗いイメージではなく、街中明るいガイコツたちで大賑わいという感じ。
どうやら地方によっては、お墓で宴会状態になるようです。

まぁ日本でも青山墓地でお花見するしね~。



・・・・で、本日は自由な服装での登校がOK。
まぁハロウィンのような感じですか・・・・
DSC08899.jpg


今日は幼稚園の「オフレンダ(祭壇)」見学のお誘いだったので、まずはそれを見学。
オフレンダはろうそくや故人が好物であった食べ物・お花などを捧げるのが習慣のようです。

以前作ったカラベラもたくさん飾っていました。

DSC08900.jpg

オフレンダは・・・。
DSC08904.jpg
日本コースの年長さんは「おすし」!
DSC08903.jpg

園児たちもいろいろな場所にお菓子をもらいに行っていました。
DSC08905.jpg

そして小学生たちはメキシココースと一緒に交流会を。
これは親の見学のお誘いはなかったのですが、来たついでにチョロっとのぞいてきました。

DSC08912.jpg
DSC08913.jpg
DSC08915.jpg
DSC08917.jpg

脩たち3年生は「あやとり」をメキシコの子供たちに教えてあげるコーナーを出店?していたようです。

今、3年生の間では「あやとり」ブーム。
脩もいつでもどこでもあやとりをしています。

持ち運びに便利だし、場所をとらないし、指先を使うし…本当にいい遊び。

でも、メキシコの子供たちにこの器用な遊びが伝わるかしら・・・・。
「折り紙」や「あやとり」は日本人には馴染みがあり簡単だけど、外国の人にはとっても難しいからね。


お客物色中の脩を発見!
DSC08921.jpg

かなり険しい顔付き・・・・。(単に日差しがまぶしかっただけですが)

メコースの生徒を見つけ、レクチャー開始。

DSC08928.jpg

ちなみに「ゴム」を教えてあげたようです。

他の学年は「大縄跳び」を教えてあげたようです。

DSC08924.jpg

前回の独立記念日の交流会はメキシココースがホスト役。
今回は日本コースがホスト役を務めていたみたい。

同じ学院内に2つのコースがあるこの学校。

もっともっと交流の場を広げ、脩にもメキシコの良さをどんどん知ってもらいたいと思います。
ついでにスペイン語もね。


来週末は運動会。

イベント続きの学校です。

コンテントヘッダー

にぎやか・・・

先日、ちょっと遅れてお誕生日のプレゼントを買ってもらいました。

写真にうまく写らないので、お見せできませんが、とってもきれいなメキシコオパールのネックレス。

オパールって白っぽいものだと思っていたけど、それはオーストラリアのものでたくさん採れるみたいです。

メキシコのオパールは、うまく表現できないけど「虹色に輝く」感じ・・・。

もちろん物によっては、赤が強かったり緑が強かったりしています。




お買いものの帰り、レフォルマでなんだか賑やかな催しが・・・。

DSC08862.jpg
DSC08863.jpg
DSC08864.jpg
DSC08870.jpg
DSC08872.jpg
DSC08875.jpg



「死者の日」に向けてのイベントかしら?
作品には番号がついていて、コンテストっぽかったです。
どれも人間と動物が混合したような作り。

きっとテーマがあるのでしょう。
そこまで調べていないから、結局なんのイベントかわからずじまいでごめんなさい。

独立記念塔もパチリ。

DSC08866.jpg

ここにきて2か月半。
メキシコシティのシンボルでもある独立記念塔に近づきました・・・。
DSC08880.jpg
・・・って、脩の手が邪魔よっ!


この夜体調を崩した陸くん。


今ではすっかり元気です。
コンテントヘッダー

氷が犯人!?

悲しいことに、今度は陸が「嘔吐・下痢」の症状になってしまいました。


でも何を食べたってわけでもなく、日曜のお昼は初めて行った某日本食屋さんでざるそばを食べたぐらい。

うちのダンナさんも同じものを食べたけど、至って元気。(まぁ彼は何処で何を食べようと元気なんだけど)


お昼を食べたのが1時半ぐらいで、気分が悪くなったのは7時半すぎ。


なんだか、顔色も悪く、夕食は家族で陸のお誕生会をしようと準備していたけど、「気持ち悪い~」と食事もできない様子。


そしてトイレに直行。



完全な下痢状態。




でも漏らさずトイレまで駆け込めたのは、6歳になったからなのか・・・・。


そんなのことを何度か繰り返し、最後は洗面所で嘔吐。


これですっきりしたのか、顔にも赤みがさし、少し元気になりました。




原因は何だったのかな・・・・・。



食事の時に頼んだ、「冷たいお茶」かしら。
私だけ「温かいお茶」で男3人は「冷たいお茶」を頼むのが日本食屋における我が家の定番。


今回は氷が入ったコップ3つと湯呑1つに、お茶入りの急須が運ばれ、自分で冷たいお茶を作ったんだけど、たまたま陸のコップに入っていた氷がダメだったのかしら・・・・。


でも「食中毒」ほどひどくなく、すでに落ち着いている感じ。

食べ物が原因ではなく、「お腹の風邪」かもしれないな~。



予想通りというか、夜中に発熱。

そして幼稚園はお休みに・・・。


風邪なのか食べ物なのかわからないまま、何かの菌と戦っている陸。


下痢も嘔吐も治まっているし、熱の割には元気なので今日は様子を見ることとします。





今日から始まるスペイン語の授業。(私のね)

また出遅れました。


まだまだ子供中心の生活だもの。

陸が元気になったら、また頑張るわ!


今の間に「病気に関する単語」でも覚えちゃえ~。






コンテントヘッダー

サッカー


ここメキシコではあまり体を動かすことのない脩と陸。

学校へもスクールバスだし、帰ってきてからも自由に公園に行けるわけでもない。

ついでに休み時間もドッヂボールとかはしないらしい。

体力が有り余るというより、体力がなくなってきている感じ。



これではマズイと思い、放課後に学校で行われているサッカークラブを体験させてみた。


3年生以上は毎週水・金曜日に行われていて、授業が終わった後そのまま学校に残りサッカーをするらしい。

なのでもちろんスクールバスには乗れずに、親がお迎え。


我が家は学校から遠い。


そして恐ろしいほどの渋滞国・メキシコ。


6時にサッカーが終わっても、年末とかだと家に着くのが8時ごろになることもあるとか・・・。


このサッカークラブ、幼稚園児から参加できるのだけど、残念なことに脩と陸は曜日が違う。

陸もサッカーがしたいらしく(陸の方がかなりやる気)、気持ちはさせてあげたいのだけど、時間的な問題や脩のアレンジなどまだまだ考えることも多い。

脩もサッカーに通えるとしても翌日がお休みの金曜日だけかな。

ちょうど同じ時期に転校してきたYくんも我が家の方面なので、一緒に通えるし。


サッカーはちょっと友達と遊ぶぐらいで、ほぼ初心者の脩。

経験者ばかりの中で「みんな上手だから嫌だ~」っていうかと思ったら、あっさり「来週も通う」とかいってるし。

ただ、一緒にしているのが3年生から中学3年までというかなりの年齢層。


みんなで20人ぐらいなんだけど、最後に混合チームで試合をしたら、3年生はなかなかボールに触れなかった。
まぁそりゃそうでしょう。



とにかく体を動かしてほしいのが親の願い。


もう一度体験練習ができるのでそのあと決定する予定。



本人がやる気のうちに、さっさと入会しちゃおうかな。


後は渋滞との戦いに、毎回勝てるかどうかですけど・・・・・ね。






コンテントヘッダー

Feliz cumpleans!

陸くん、待ちに待ったお誕生日がやってきました。


幼稚園の先生にも「りく、あと○日寝たらお誕生日なんだよ」とず~~~っといっていたもんね。


朝起きた瞬間から張り切っていた陸。

いつものダラダラ・グズグズは何処へやら・・・・・。

一つ年を取ると動きが鈍くなる私と違い、一つお兄ちゃんになった陸は顔つきまで頼もしい。


今日は幼稚園でお誕生会もあり、母はケーキを持って参加。

このケーキもね・・・・、つたないスペイン語で注文してきたのよ。
今朝9時半に取りに行くことになっていたけど、できているかどうかも心配でございました。


でも大丈夫だったよ~

DSC08828.jpg

「felicidades」はおめでとう。

崩れないように幼稚園に持っていくと、子供たちが寄ってくる寄ってくる・・・。

少し早めについてしまったので、一人参観日状態で園の様子を見させていただきました。

DSC08817.jpg


そして11時前にお弁当の時間。

DSC08827.jpg


そしてそしてミニミニお誕生会。

DSC08834.jpg
DSC08837.jpg



みんなが歌を歌ってくれ、いろいろな質問タイム。


そしていよいよケーキ入刀

DSC08839.jpg

お弁当を食べ終わった子から、ケーキを取りに来てみんなで食べました。


私は余ったケーキを少し食べたのだけど、想像していたより美味しくてよかったです。
もっともっとド派手で巨大なケーキはいろいろなところに売っていたんだけど、今回買ったお店はポランコのBondy。
日本人のケーキ屋さんもあるんだけど、結構いいお値段らしく、幼稚園で食べるには現地のケーキ屋さんで買うのでちょうどいいかも。(220ペソなので2000円もしないぐらい!)
陸もイチゴのケーキがリクエストだったしね。

陸は食べるのが早いので、ほとんど毎日1番に食べ終わっているみたいです。

お弁当箱も2段にしたのになぁ・・・・。


でも本当にうれしそうな笑顔の陸。

幼稚園でも張り切って、お当番さんじゃないのにいろいろ働いておりました。


そして食後はプレイタイム。

DSC08849.jpg
DSC08851.jpg


少し前の陸なら、「お母さ~ん」と寄りついていたけど、今はもうお友達中心。

なんだか本当にお兄ちゃんになったなぁ・・・と感心してしまいました。


ダンナさんが出張中の為、陸のお誕生会も週末に持越し。

今日はお友達が遊びに来てくれ、プールに入ったり家で遊んだりと誕生会ではないけれど、にぎやかに過ごしました。
DSC08854.jpg



ぎりぎりまで迷った、お友達を招待してのお誕生会。
メキシコではみんな住んでいる場所もバラバラで、道路は渋滞だらけ。
兄弟がいると帰ってくる時間もまちまちだし、一度うちに来ちゃうと小学生の子供を持つお母さんもお迎えが大変。

まだ来て間もないし、幼稚園で行うこともあり、今回は家族だけのお誕生日のお祝いにしました。

脩は「ぼくの時はクラス全員呼ぶからね~!」と既に張り切っております。


今はまだ「お母さんと結婚する~!!!」と言い切っている陸。
「お母さんがおばあちゃんになっていても、陸が結婚するからね」とかなり先の心配も含め毎日プロポーズの嵐です。

そういえば脩もそんなことを言っていた頃があったなぁ・・・・。


期間限定の母親モテ期を楽しんでおくこととします。






頑固で甘えん坊で自己主張の激しい陸くん。

あなたにはかなり振り回されてきました。
こうと決めたら妥協を許さず、どんなに言い聞かせようとしてもわが道を突っ走っていた陸。
何度お母さんが泣きたくなったことか・・・・。


あの頃は、「これが永遠に続くんだ・・・」とため息をつく事も多かったけど、メキシコに来てからはものすごく変わったね。
お父さんもお母さんも陸の変貌には驚いています。

陸には陸の言い分があって、ごまかしがきかないことはわかっていたのよ。

でも少しずつ陸の中で変化が生まれて、お母さんの気持ちと陸の気持ちが近くなったのかなと思います。

私の思い通りのいい子に育って欲しいとは思っていません。

もちろんその方が楽だし表面的にも優等生だけど、衝突したり意見をいいあって、その中で他人との協調性やいい意味での自己主張を学んでいってほしいと思っています。

引っ越しばかりで、6歳になるまでに4か国でお誕生日を迎えたね。

お母さんはどの国に行っても、陸と一緒にお祝いできることを幸せに思っていますよ。

そして、小さく小さく生まれた陸が、元気に育っていることを何よりもうれしく思います。


いつか「お母さんとは結婚できないんだ・・」と気がつく時が来ても、お母さんはいつまでも陸が大好きだからね。


6歳のお誕生日おめでとう!

DSC08829.jpg



コンテントヘッダー

乾燥

もう乾季になってしまったのでしょうか・・・・。

メキシコシティはかなり乾燥しております。


何年も住んでいるお友達に聞くと


「乾燥するのはこれからよ~~~~~」



と、恐怖のお言葉。


今まで、「湿度との闘い」だった国が多かっただけに、なんでもカビがはえる心配はないのですが、やはり乾燥もキツイ。


ものすごく小じわが増えたのは、年齢乾燥のせいにしておきましょう。


朝夕は冷えますが、日中はまだまだ暖かいメキシコシティ。

先日、めずらしくスカートをはき、ストッキング(タイツかな)を脱いだ時、白い粉がいっぱい付いていて、
「あれ、洗剤がきちんと溶けなかったのかな・・・」なぁ~んて思っていたら、なんのことはありません。



私の皮膚が粉をふいておりました。




怖いですよね~。



人間粉ふき芋状態!




皮膚の老化は早まりそうです。



洗濯物は早く乾いていいのですが、このままでは私も干からびそう。



保湿を真剣に考えなければ・・・と一人悩む秋の夜長でした。
コンテントヘッダー

何度目の・・・

10月14日は私の誕生日でした。


もうね、数えるのが嫌になるほど年を取ってます・・・・。

スペイン語のクラスで「今日は私の誕生日なの」って自分でいって墓穴を掘りました。

だってね、メキシコ人の誕生日のお祝いの仕方はハンパじゃないの。

「日本はどんなフィエスタをするの?」って聞かれ、答えるのに困ったぐらいです。

こちらでは大人子供に関係なく、ド派手なお誕生会を開きます。

私の予定を聞かれても、特に誕生会を開くこともないし、平日だから自分で夕食も作るし・・・。
プレゼントを前もって用意してくれるようなダンナさんでもないし・・・。

日本でも子供の誕生会はするけど、大人はねぇ・・・・。
特に結婚しちゃったら、家族でお祝いするぐらいよね。

家族や友達からどんなプレゼントをもらうんだ?とか聞かれても、メールや電話ぐらいかなって答えるしかない私でした。

メキシコ人にしたら信じられないお誕生日かも。


えぇ、私は地味な日本人ですから・・・。


そういいながら、来年はド派手はパーティをやってたりして。



自分を生んでくれて両親に感謝しながら、普通の夕食を食べるもんきちでした。





コンテントヘッダー

BBQ

日曜日の話になりますが、ダンナさんの知人宅でBBQがありました。

DSC08799.jpg

す・すごいお肉・・・・。


駐在ファミリーはマンションタイプのところに住んでいることが多く、セキュリティ上一軒家に住む人はあまりいません。
今日は初めての一軒家訪問。

あまりの広さにビックリいたしました。


DSC08798.jpg
DSC08801.jpg
DSC08802.jpg


メキシコの牛肉って想像以上にやわらかいんですよ!

どうしても肉中心の食生活に偏りがちで、生野菜不足なのですが、やはりみんなで食べるとお肉が美味しい。


サツマイモもホクホクで、市場に行けばこんな美味しいお芋が手に入ることを知りました。


みなさんメキシコの先輩ばかり。


食事をしながらも勉強になるひと時でした。




コンテントヘッダー

朝の戦い

私は毎朝5時に起きていますが、老化の為ってわけではありません・・・・。

子供たちが7時には家を出るので、お弁当作りがかかせないからです。


たぶん、手際がいいお母さんはもっとゆっくり寝ているんだろうね。


たいしたお弁当を作っているわけでもなく(残り物の日も多いし)、お弁当&朝食を作って洗濯機を回して、自分の身支度をして、子供を起こして支度をさせていたら、あっという間に2時間経ってしまいます。

なので朝は戦闘態勢。


スクールバスに遅れたら、みんなにも迷惑がかかるし、とにかく時間との戦いです。


それなのにぜったい出発ギリギリにトイレに駆け込む脩。
まぁ生理現象なので仕方ないけど、食べたら→出るってことでしょう。

今は治まってきたけど、ちょと前までは学校に行く前に必ずお腹が痛くなっておりました。

たぶん、バスに乗るとトイレに行けない・・・・という精神的なものだと思うのですが、しばらくは毎朝大騒ぎでした。
精神的なものだけど、本当にお腹は痛くなりちょっと下痢していました。

仕方ないので、片栗粉をほんの少々なめさせて、「これはお腹のお薬だから、ぜったいにお腹が痛くならないよ」と暗示をかけておりました・・・。(よい母はマネしないでね~!)


その甲斐もあり?、今ではトイレから出られないということはありません。



7時ぐらいまでは、まだ真っ暗なメキシコ。

月末にサマータイムが終わるので、やっと明るい朝の登校になりそうです。


あぁ・・・・、給食があればいいのに。
いや、贅沢はいわないからちょっとだけ冷凍食品を~。



まぁ夢のようなことは考えず、明日も頑張って起きなくちゃ!


DSC08749.jpg
DSC08804.jpg
3人分のお弁当。
だんだん大人も子供も同じ量になってきた~。
コンテントヘッダー

Calaca作成

メキシコでは「Dia de Muertosu(死者の日)」という日本のお盆に似た行事があります。

どちらかというとハロウィンより、力が入っている感じ。


その日に向けて骸骨グッズが街中にあふれるのですが、幼稚園でも「calace(骸骨)」を作ってくるというお達しが・・・。

陸は「ガイコツ嫌い~~~~~!!!」といって制作を拒否。


たしか先生のお手紙には「家族みんなで制作してみてください」てなことが書いてあったような・・・。



でも誰も協力してくれず、結局私がつくる羽目に。


カレカもメキシコの伝統衣装を着させてもいいし、マリアッチの恰好をさせてもいいし、飾り付けてくださいね~ってことでしたが、陸に聞くと「サッカー選手がいい」と。

ガイコツのサッカー選手ですと!?


裁縫が大嫌いな私は、余り布の1枚も持ってなく、ついでに飾り付けるような小道具もなく、仕方ないので折り紙や段ボール・色画用紙で制作。


睡眠不足になりながら、やっと完成。



DSC08761.jpg


関節も動くようにし、ちょっと地味だけどメキシコのユニフォームを着たカラカとなりました。

ユニフォームだけだと地味なので、ソンブレロ(帽子)とマラカスもオマケにつけました。

さすがにシューズを作る気力はなく、はだし?に。


久々の夜なべは老体に響きます。



もう二度と作りたくないけど、11月2日の死者の日に向けて、幼稚園は盛り上がってほしいものです。
コンテントヘッダー

初Lucha Libre

メキシコに来て、初めて「ルチャ リブレ」を観戦しました。

ルチャリブレというのは、メキシコ流のプロレス。

覆面を被ったレスラーも多く、とても人気のようです。


今日見た試合は、体育館のような場所で行われ、日本人選手もでるので日本企業のスポンサーも多く、日本人もちらほら見かけました。

DSC08762.jpg
DSC08763.jpg

たぶん本当のルチャリブレの会場は、もっと暗くて怖い?感じなのかも・・・。

日曜日のお昼だったので、怖いイメージもなく子供もたくさんいました。

もともとプロレスは見ないので、ルールは3カウントで負ける・・っていうことぐらいしか知らないのですが、ルチャリブレは善玉と悪玉に完全に分かれていて、1対1であったり複数で戦ったりしていました。

スポーツというよりショー的な感じが強いかしら。

全部で4試合行われ、結構子供がハマっておりました。

DSC08772_20101013054158.jpg
DSC08780.jpg
DSC08787.jpg
DSC08792.jpg
DSC08795.jpg


なんとなく「そんなのアリ!?」って感じではありましたが、あまりのわざとらしさに笑ってしまうほど。


陸は自分が応援した選手が負けそうになると、かなり固まっておりました。

真面目な脩は、ズルをして勝つことに抵抗があるのか(きっとそういうシナリオなんだろうけど)、いつまでも許せないようで、「あんなのおかしいよ!ズルはいけない!!」と憤慨していました。



そして子供たちが言ったセリフは・・・・




「お父さんはいつ試合に出るの?」






レスラー並みの体型ですが、残念ながら試合にはでません。



でも子供たちよ。

お父さんより強いのは、本当はお母さんなのだ・・・・。



また機会があれば、今度は夜のルチャリブレも見てみたいものです。




コンテントヘッダー

発表会

小学校で「学習発表会」がありました~。

日本コースの小・中学生が、日ごろの学習の成果を歌や劇で発表します。
学芸会のような感じかしら・・・。


3年生は劇「三年とうげ」。

脩はナレーターをしました・・・・・。


が、かなり緊張した様子。

今まであまり緊張するタイプじゃなかったんだけど、真面目な性格が災いし、「ちゃんとしなきゃ~」って思うのかしら。

でも楽しみにしていた発表会なので、土曜の朝にもかからわず、張り切って起きていました。


DSC08754.jpg

小学校の講堂は、ものすごく立派で小さな劇場みたいです。

DSC08759.jpg

低学年全員による「歌」のもあり。


どの学年の子供たちも一生懸命で、かなり感動しましたが、じっとしていない陸がいて、ちょっと集中できませんでした。


幼稚園のお友達もたくさん見に来ていたので、遊ぶのに夢中。


DSC08758.jpg

うるさい時は外に連れ出すしかない!


やはり学年ごとにカラーがあり、6年生の劇は素晴らしかったです。

6年生は10人ぐらいしかいないのに、ものすごく充実した内容でした。


無事発表も終わり、次は運動会に向けての学校生活が始まります。


来年は陸も1年生。

今はお笑い担当だけど、成長を期待したいと思います。


脩くん、お疲れ様でした!





コンテントヘッダー

desayuno

こちらで朝食のことを「desayuno(デサジューノ)」といいます。

だいたい昼食が2時ぐらいから・・・というのんびりモードなので、幼稚園児を持った母にはランチは縁遠い話。

レストランもまだ開いてなく、カフェなら朝からやっていたりします。


そして午前中に注文できるのが「desayuno」。

たぶん正午か1時ぐらいまで注文できるのかしら・・・。


なのでスペイン語学校の帰りに、時々お友達とdesayunoします。(11時過ぎからね)
日本人の私たちにとっては早めのランチかな。


かなり前だけど、本屋さんに併設されているカフェに行きました。

DSC08742.jpg
DSC08744.jpg

まだまだスペイン語初心者の私たち。
注文するのも賭けのようなもの。
「よくわからないけど、これ頼んでみる~?」って会話もしょっちゅう。

そしてこの日は寒かったので「スープ系を頼もう」ってことになり「sopa(スープ)」を注文したはずが・・・・。







すごいものが出てきてビックリ!!!!







DSC08745.jpg


もう一度メニューをもらい辞書で調べたら、これは「sope」という食べ物。

トルティージャを揚げたような物の上にサラダとチーズがのっておりました。


sopa」と「sope


単語を知らないって怖いわ~。


でもまぁ美味しくいただきました。


他のお店でも、店員さんに「絶対これがおススメ!!!」と太鼓判を」押された一押しメニュー。

DSC08746.jpg

よくわからない卵料理だったけど、半分ぐらいしか食べられず・・・・。


食への道は険しい限りです・・・・・。




せめて普通に注文できるぐらいに、スペイン語を上達させないと。


課題が見つかると、やけに頑張るもんきちでした。




コンテントヘッダー

復活

やっと体調が戻ってきたもんきちです。



今回の食あたりは、だら~っと不調な日が続きました。

たぶん軽めだったのですが、やはりこちらの薬はきつかったようで、私には合わなかったみたい。

腹痛は治まったけど、胃がやられたようでかなりのむかつきと眩暈がしました。


動くと目が回る感じ・・・・。


それでお薬も勝手に飲むのをやめてしまいました。



でも食欲もあるし、胃炎が治ったらかなり元気!


ちょっとブルーだったけど、今日から復活です!!


食べ物は気を付けていても、思わぬところで・・・ってことがあるので、どうしようもないのですが、しばらくは生魚からは離れておきます。


ふぅ~~、またいつもの生活です。


コンテントヘッダー

洗礼かな・・・

金曜日の夜から腹痛に苦しんでいるもんきちです。


金曜日、仕事が早く終わったダンナさんと夕食を食べに行きました。

ホント、平日の夜外食なんてしたことないからバチでもあたったのかしら・・・。


8時ごろ食べて深夜1~2時頃、腹痛の為に起き、そのまま7時ごろまで6回ほどトイレに通いました。


夕食を食べてから他のものは口にしていなから、絶対原因は「ちらし寿司」。
でもポランコにある安心できるお店で食べたのに~。

ついでにダンナと脩は「にぎり鮨」でしたが、問題なかったようです。


それでも以前、セブ島でなった食中毒に比べると楽勝もの。
あの時は脱水症状で危なかったし、トイレから離れられなかったもの。そして即入院だったし。


なので出すものを出したら、寝たきり状態だと大丈夫な感じでございました。

でもちょっとでも動くと、腹痛がおそってくる。
なんというか腸をつかまれているような感じ。


それでも食いしん坊な私は、土曜の夜にちょっとだけご飯を食べ就寝。

お腹は痛いのにお腹が減るなんて・・・。


少しましになった日曜日。

ちょこっとミカサ(日本食スーパー)に買い出しに行ったけど、やっぱり腹痛は波のように襲ってきて、車で待機しておりました。
食べていないから下痢はしないので、「うぅ~~~~」と腹痛に苦しむ程度。


脩はなぜか「もうすぐ赤ちゃんが生まれるかも・・・」とドキドキしていた様子。

たしかに定期的にくる腹痛は陣痛ににておりますが、どう考えてもこのペッタンコのお腹からは汚いもの以外は出てきそうにありません。


あぁ・・・また体重が減ったかも。


動くと痛いぐらいで堪え切れたんだけど、長引いても仕方ないので月曜日は病院に行きました。

「食中毒」ほどひどくはなく「急性胃腸炎」と診断。

やはり食べ物が原因とのこと。


メキシコにきて、一度は通る道なのよ。

「A型肝炎」や「アメーバ赤痢」じゃなくてよかったわ。


ということで無事洗礼?も受け、あとは回復を待つのみ。


何が痛いって、お尻に打った痛み止めの注射が何よりも痛かったもんきちでした。


安全だと思われている日本料理屋でこれだから、何に気を付ければいいのやら・・・。

あと何度かは通る道かもしれません。





プロフィール

もんきち

Author:もんきち
2002年2月14日生まれのSHUと2004年10月20日生まれのRIKUの母。
男の子二人に振り回されながら、日々楽しく戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。