コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

Cuzco&machupicchuへ・・・2

旅行2日目はマチュピチュへ。

今回宿泊して「Tambo del Inca」というホテルは、マチュピチュに向かう列車の途中駅にあります。
それもホテルの敷地内に駅があるという、アクセス抜群な上に素敵なホテル。
2013-08-31.jpg

朝からコカ茶をいただいて、出発!

私たちが乗ったのは「ビスタドーム」という列車。
ウルバンバの駅からなので2両編成。

2013-08-032.jpg

列車の中では軽食のサービスもあります。(チケット料金に含まれています。

そしてマチュピチュ駅に到着。
そこからバスに揺られ、山を登りマチュピチュに。

2013-08-033.jpg

IMG_2572.jpg


入り口でチケットろIDを見せ、記念スタンプも押しちゃって、いざ空中都市へ!

2013-08-034.jpg

しばらく歩くと、お友達の写真やテレビでみたマチュピチュが目の前に広がります!

DSC_1185.jpg

2013-08-036.jpg

2013-08-035.jpg

DSC_1175.jpg

2013-08-040.jpg

DSC_1197.jpg

2013-08-039.jpg

2013-08-038.jpg

2013-08-037.jpg
ここにいる動物はリャマ。
残念ながらアルパカをいませんでした。

クスコより低地とはいえども、ここも2000m以上あるので、遺跡内のアップダウンはきついです。
結構ご年配の方(日本人を含め)を見かけるのですが、果たして私が60歳・70歳になった時に元気に歩き回れるのだろうか?なんて、余計な心配もしてしまいました。

私たちは全部の遺跡を歩いたので、最後はヘトヘト。
子供たちも「お腹すいた~!!」と言ってましたが、さすがに子供の体力はすごい。
どんどん先に行くので付いて行くのが精一杯でした。
我家のダンナさんもかなり元気でハイテンション。

ワイナピチュには登らなかったけど、あの3人なら絶対登れたはず!!

2013-08-046.jpg

2013-08-044.jpg


2013-08-041.jpg

DSC_1224.jpg

DSC_1233.jpg

DSC_1274.jpg

DSC_1231.jpg

IMG_2539.jpg

1時半ごろ昼食を食べ、1時間ぐらい自由時間があったけど、母2人は休憩を続行。
父2人と4人の子供でもう一度マチュピチュを見に行ったみたいです。
(チケットがあれば、何度でも入場できます)

その後、少し早めにアグアスカリエンテス村に降りて、マーケット探索。
ちなみに荷物は列車に乗る時も大きさに制限があるので、大きなスーツケースは持ち込めません。機内の手荷物サイズぐらいはOKです。

そしてマチュピチュの入り口に荷物の預かり所があり、預かってもらいます。
うちはツアー会社の提携ホテルで預かってもらいました。
なのでリュックだけで入場。
トイレは、入り口近くに有料のところがありますが、マチュピチュ内に入るとありません。

帰りは5時半の列車でクスコまで。
3700mの高地を超えて帰ります。
列車内では、子供たちはトランプとウノ三昧。

軽食は、ピザとホオズキとチョコレートブラウニー。

列車内ではダンスやアルパカ製品のファッションショーあり。

2013-08-043.jpg

アルパカ製品は、よほど日本人観光客が購入するのか、片言の日本語でかなりしつこくセールスされました。

2013-08-042.jpg


DSC_1166.jpg

ポロイ駅に到着後、車でホテルへ。
クスコの宿泊先は「ARANWA HOTEL」。
ここは昔の修道院を改装して造られたホテルですが、24時間酸素供給があるので、高地でも熟睡できます。

2013-08-045.jpg

ただ、小さい子供にはちょっと暗くコワイ感じかも・・・。

マチュピチュを思いっきり堪能した1日。
普段リマに住んでいるけれど、「ペルーに来た~!!」と実感した日でした。


DSC00140.jpg


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

Cuzco&MachuPicchuへ・・・1

8月末の3連休を利用して、クスコとマチュピチュに行ってきました。

ペルーに来てから1年、やっと行けた!という感じです。

IMG_2476.jpg

クスコはアンデスの標高3400mに位置する都市。
高山病が心配でしたが、1年前までメキシコに住んでいたので、なんとなく大丈夫かな・・・と高山病対策のお薬は飲まずにクスコ入り。

空気が薄いというよりも、空気がきれいという印象。

DSC_1077.jpg

曇ったリマの空を離れ、久々に青い空を見上げました。

今回の旅は、お友達家族と一緒なので、子供たちもとにかく嬉しそう。
まずは、クスコからウルバンバ方面へ高度を下げながら観光していきます。

脩念願のアルパカにもご対面。
ここはアルパカ牧場。
アルパカ・リャマ・ビクーニャがいます。

プログ写真

プログ写真-002

アンデスの芋に埋もれる陸。
IMG_2501.jpg

どこに行っても置いてある「コカ」の葉っぱとお茶。
高山病に聞くようです。
プログ写真-001

DSC_1115.jpg

今回は、とにかく写真が多いですからね~。
飽きたらスルーしてください。

プログ写真-003

一路「オリャンタイタンボ」へ。

DSC_1161.jpg
DSC_1146.jpg

ここは聖なる谷の遺跡の一つ。
インカ道にあった休憩所。
大規模な段々畑が広がっていますが、なんといっても高地の為、上まで行くのが辛かった・・・・。
休憩所というより、過酷な階段がいつまでも続く~という印象です。

プログ写真-005

DSC_1151.jpg

DSC_1148.jpg

DSC_1153.jpg

プログ写真-006

プログ写真-007

IMG_2519 - コピー
 DSC_1116.jpg
民族衣装を着た人たちと写真を撮る時は、1ソル払います。


とにかく何もかもが雄大で、癒される~って感じでしょうか。
DSC00031 - コピー

次は「ピサック」へ。
ここも美しい円形の耕作地。
インカの時代の農業試験場の後ではないかといわれています。

DSC00027 - コピー

DSC00030 - コピー

DSC00032 - コピー
まだ雪の残るアンデス山脈。
5000m級の山々なんですが、自分たちも3500mぐらいのところにいるので、空と山が近い感じ。

そして最後に「マラスの塩田」へ。

DSC00047_2013090412115343f.jpg

一見雪に見えますが、全部「塩」。
約3000もの塩田が山間部に現れます。

塩の元は、近くに沸く塩分濃度の強い温泉。
舐めてみるとたしかにしょっぱい!そして温かい!

DSC00051_201309041211542ca.jpg
細い水路を伝って、塩田の棚田に流れていきます。

とにかくここは圧巻でした。

その後、本日の宿泊先の「Tambo del Inca」へ。
プログ写真-004

すっごく素敵なホテルなので、おススメですが到着したのが6時ごろで、朝早い出発だったのでゆっくり過ごせず残念でした。

翌日は、このホテル内にある駅からマチュピチュへ出発します!




コンテントヘッダー

表彰

先週だけど、陸が「お~いお茶」の俳句コンクールで入賞したらしく、賞状を手に帰ってきました。

学校で全校生の俳句を送ったみたいです。

165万通の応募があったらしいのですが、陸がもらった佳作は5000人ぐらいはいるみたいです(笑)。

佳作以上だと、お茶のパッケージに印刷されるらしいので残念です。

まぁ、印刷されたところで、私たちは日本にいないので目にすることはありませんが・・・。

お茶に全く関係のない俳句ですが、ゲーム脳になりつつあるのでこれを機に俳句脳に変換して欲しいものです。

IMG_2407.jpg



コンテントヘッダー

餅つき・・・練習編

来月PTA主催で行われる行事の中で「餅つき」をするので、予行演習として「餅つき実験」してきました。

まずは「かまど」を組み立てて、火おこしから。
そしてもち米を蒸していきます。

今は寒いので、8月なのに気分は「お正月」。

お餅はついたことはあるけど、自分たちの企画で行ったのは初めてのメンバーばかりだったので、最初は「大丈夫~」的な空気だったけど、経験者の先生がいてくださって全てがスムーズに行えました。

あるご父兄手作りの「千本杵」も大活躍。
ホントのホントにすごいです。

ペッタンペッタンというよりも「よいしょ~」の掛け声が合いそうなお餅つきでしたが、つきたてのお餅は柔らかく、ハフハフと笑顔のこぼれる一日でした。

プログ写真

コンテントヘッダー

古き良き町並み

私の実家近くにて・・・・。


プログ写真

ここ、私が小さい時はお友達のおうちだったのよね~。
歴史的な町並みをそのままにってことで、こんな風になっているけど、平日は誰もいない・・・。

かなりの過疎化・高齢化しております。

プログ写真-001

IMG_2126.jpg

リマでは決して若い母ではない私。

でも地元に戻ってくると、私ってまだまだ若かった・・・なんて錯覚を覚えます。
母としての「若い」じゃなくて、人間として「若い」部類なんですけど。

プログ写真-002

プログ写真-003
皮製品が有名なので、皮をつかって工作もできますよ。(300~500円なり)

プログ写真-004

余りの暑さに、ソフトクリームとかき氷を頬張る息子。
久しぶりに食べたかき氷は、日本の味でした!


コンテントヘッダー

風邪

いやぁ~、家族全員で順番に風邪をひいているもんきち一家です。

夏の日本から冬のリマへ。

もう年なのか、気候の変化についていけない・・・と云いたいところですが、風邪の引き始めは脩でした。

最後まで頑張った私ですが、みんなの風邪菌から逃れられず、大量の鼻水を戦っています。

脩の学校もスタートし、お弁当生活が舞い戻ってきました。
寒い中、朝早く起きるのは辛いんだけど、息子が餓死しないように頑張りたいと思います。

そして、まだ宿題が終わっていない陸。
キミはやる気があるのか!?

最後に苦しんでいただこうと思います。





コンテントヘッダー

体験入学

今回の日本滞在は5週間。
その中で、2週間は私の地元で体験入学をさせました。

IMG_2071.jpg

初めての学校。
二人ともドキドキです。
私もリマから地元の教育委員会とやり取りしていましたが、学校に行くのは初めてだったので、初日は行き帰りは付いて行きました。

脩は体験入学もいれると6校目の小学校。
よく頑張っていると思います。

この学校、私が通っていた学校と同じ名前なのですが、近くの地域と統合され、場所も移動し校舎も新しくなっていて全く別の学校。
全校生への挨拶も、放送室からテレビモニターを通じてでした。

IMG_2075.jpg

各教室では、みんなが温かく迎え入れてくれ、脩も陸もうれしそう。

IMG_2077.jpg
IMG_2076.jpg

どんな感想で帰ってくるか、楽しみに家で待っていました。

そして第一声は

「楽しかった~!すっごく気に入ったよ、この学校」

二人とも笑顔での帰宅でした。

すでにお友達も出来たようで、母一安心。

そして2週間の間に、お友達の家に遊びにいたり、遊びに来たりと本当に本当に楽しそうでした。
最後には「ここに転校したい」とまで言い出しましたから・・・。

最終日にはお別れ会も開いてくれ、脩の目もうるうるしていた気がします。

東京の学校だと、6年生は受験に忙しく、ここまで親しくなれなかったかも。
「また戻ってこいよ~」とみんなに言われて、嬉しそうな息子たちでした。

超が付くほどド田舎ですが、田舎の良さを感じた心温かい2週間でした。

コンテントヘッダー

移動

今回の一時帰国は、脩の学校のお休みに合わせている為、陸の学校はお休みさせた状態。
もちろん日本の学校も夏休みに入っていないので、私の地元の学校で2人を体験入学させるのも帰国の目的だった。

なので、時差ぼけの治らないまま四国へ移動。
土曜日に四国入りして月曜日から学校なんだけど、その前にお約束の動物園へ。

IMG_2019.jpg

一時帰国の際は、毎回来ている動物園。
小っちゃいけど、ふれあい系の動物園なので子供たちはお気に入り。

プログ写真

プログ写真-001

人気なのがホワイトタイガーなんだけど、我が子は小動物がお気に入り。
IMG_2044.jpg

プログ写真-002

プログ写真-003

プログ写真-004

IMG_2054.jpg

昼食はもちろん「さぬきうどん」です。


プログ写真-005




コンテントヘッダー

東京スカイツリーへ

折角日本に帰ってきたのだから・・・ということで、東京スカイツリーに行ってきました。
みんなが夏休みに入る前に6月中に行ってしまおう!というもくろみもあったのですが。

夏休み前の平日というのに混んでる・・・・。
IMG_1940_20130805234037bd4.jpg

いつもこんなものなのか???

ネットで予約っていう手もあったのだけど、なんといっても梅雨真っ最中の日本。
雨ざぁ~ざぁ~の可能性もあるので、当日券を購入しました。

IMG_1955.jpg
あっという間に展望デッキへ。

IMG_1962.jpg

ヒジョ~に高額な飲み物で喉を潤し
プログ写真

もっと上の展望回廊へ。
IMG_1969.jpg

プログ写真-001
富士山が見えるほどではなかったけど、梅雨の時期としては上出来の景色。

プログ写真-002

お腹も空いたので、下まで降りて「東京ソラマチ」にあるレストランへ。

それにしてもどこも高い!!
観光客泣かせのお値段でした。

プログ写真-003

スカイツリー足元のスタバ。
プログ写真-004

余りにも高くて(高さがね)、ツリーと一緒に入りきらないよ。
プログ写真-005

個人的には東京タワーの方が好きかな。

でもとってもいい思い出になりました。


コンテントヘッダー

日本到着後に買ったもの・・。

ヒューストンから成田到着。

成田で息子たちが買ったもの・・・。

コンビニのおにぎりでした(*^_^*)

IMG_1932.jpg


リムジンバスにて移動。そしてダンナさんの実家へGO!



コンテントヘッダー

ホテルにて。

今回ヒューストンで泊まったのは、フォーシーズンズ。

こんな下品な息子と泊まるのはやめましょう~(-_-)
IMG_1925.jpg
(パ〇ツかぶってます・・・)

脩の発熱の為、プールにも行けませんでしたが、ここからいざ日本へ!

プログ写真



コンテントヘッダー

日本へ向かう前に・・・・・NASAへ。

リマから日本への直行便はないので、どこかで必ずトランジットしなくてはいけません。

今回は「NASAに行きたい」と脩の希望を叶えるため、ヒューストンで2泊して日本に帰りました。

IMG_1810.jpg

深夜便でリマを出たので、ヒューストンにつくのは朝。
たっぷり寝てもらわないと・・・。

IMG_1812.jpg

ってことで、子供は熟睡、私は睡眠不足のままヒューストンに到着。
初日はちょこっと買い物をして、ミュージアムに行きたかったのですが、なんと脩の体調不良でホテルで休息をすることに。

なんとか翌日は復活し(NASAに行く執念か!?)、無事にNASAに行くことができました。

IMG_1840_20130804020551844.jpg

プログ写真-002

ここでは既にシャトルの発着はしておらず、ケネディ宇宙センターの方に移動しているみたいです。

プログ写真-001

上記のようなバスに乗って各ポイントを回るツアーが出ています。

プログ写真-004

プログ写真-005

プログ写真-003

プログ写真-007
プログ写真-006

宇宙好きの少年にはたまらないのでしょうね~。
シュミレーションをしたり、シアターを見たりと1日はあっという間。

プログ写真-008

IMG_1914.jpg

ちょっとテーマパーク化している気がしましたが、宇宙を身近に感じられる空間です。
以前オーランドに行った時、ケネディ宇宙センターの方にも行っておけばよかった!と悔やまれますが、それはまたいつかのお楽しみってことで・・・。

息子たちも宇宙兄弟となって飛び立つ日が来るのかどうかはわかりませんが、ワクワクドキドキの夢を持つことはいいことですね。
屈折した大人の母には、キラキラした息子の瞳が羨ましくもある宇宙センターでした!

IMG_1921.jpg

コンテントヘッダー

一時帰国

大変ご無沙汰しております。

ブログをやめちゃったわけではございません。


6月末から日本へ一時帰国しておりました。
防犯上、何となく「この期間は留守ですよ~」ってお伝えするのも何かと思い、全てが事後報告となってしまいますが、ゆっくり一時帰国健忘録を綴っていきたいと思います。

それにしてもリマ・・・・寒いです。
丁度一年前にメキシコから引っ越してきて、同じ感想を云っていた気がします。
季節の学習能力ゼロって感じでしょうか。

・・・ということで、しばらくは日本の事を中心としたブログになりますので、お暇な方はお付き合いください。
プロフィール

もんきち

Author:もんきち
2002年2月14日生まれのSHUと2004年10月20日生まれのRIKUの母。
男の子二人に振り回されながら、日々楽しく戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。