コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

天国の特別な子供


天国の特別な子供
               作者:エドナ・マシミラ(Edna Massilla)
                訳:大江祐子

会議が開かれました 。地球からはるか遠くで。
「また次の赤ちゃん誕生の時間ですよ」

天においでになる神様に向かって、天使たちはいいました。

「この子は特別の赤ちゃんで、たくさんの愛情が必要でしょう。
この子の成長はとてもゆっくりに見えるかもしれません。
もしかして一人前になれないかも しれません。

だからこの子は下界で出会う人々に、
とくに気をつけてもらわな ければならないのです。
もしかしてこの子の思うことはなかなかわかってもらえないかもしれません。
何をやってもうまくいかないかもしれません。

ですから私たちは、この子がどこに生まれるか、
注意深く選ばなければならな いのです。

この子の生涯が、しあわせなものとなるように。
どうぞ神様、 この子のためにすばらしい両親をさがしてあげて下さい。

神様のために特別な任務をひきうけてくれるような両親を・・。

その二人は、すぐには気がつかないかもしれません。
彼ら二人が自分たちに求められている特別な役割を・・。
けれども天から授けられたこの子によって、ますます強い信仰と豊かな愛をいだくようになることでしょう。

やがてニ人は、自分たちに与えられた特別の神の思召しをさとるようになるでしよう。
神からおくられたこの子を育てることによって、柔和でおだやかなこの尊い授かりものこそ、天から授かった特別な子どもなのです」





先日、この詩が少しだけ朝刊に載っていました。
障害のあるお子さんに向けられて書かれた詩のようです。


ちょっと子育てに煮詰まっていた私。
特に長男に対して、育児放棄したいぐらいの気分でした。

障害があるなしにかかわらず、どの子供たちも両親を選んできたのかもしれません。


私が投げやりになってはダメですね。
本当に反省。

でもまた明日になれば、イライラってするかもしれません。

それでもやっぱり最後は笑顔で眠れるように。

だって私が産んだ子供ですもの。









スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もんきち

Author:もんきち
2002年2月14日生まれのSHUと2004年10月20日生まれのRIKUの母。
男の子二人に振り回されながら、日々楽しく戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。