コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

授業参観

今日は小学校の授業参観&懇談会でした。


2時間目の道徳の途中から参観。
予想通りちょっと落ち着きのない息子。

後ろから「先生の目を見て話聞きなよ~~~~!」といってやりたい程でした。


落ち着きがないというよりは、集中力にかけるって感じかしら・・・・。

そして3時間目は懇談会。
子供たちは理科室に移動していたので、その間に親は教室をかりて行います。

3月までの行事や4年生になった時に必要な物の説明を受けました。

その他に先生から3つのお話が・・・。

1つ目は挨拶。
お友達や先生には挨拶できても、リセオにくる父兄や業者の人に大きな声で挨拶できていないことがある。
日本語でもスペイン語でもきちんと挨拶をしよう・・・ということ。

2つ目は言葉遣い。
3年生にもなると、だんだん言葉遣いが乱れてくる。
云った人も言われた人も幸せな気持ちになる「幸せ言葉」と人が傷つく「不幸言葉」について。

3つ目は子供たちのグループ化。
これは女の子に少し見られるのだけど、悪意がなくてもグループでかたまると、一人になっている子ができ、もう少し周りにも目を向けようということ。

簡単にいうとこんな感じなのだけど、2つ目の「言葉遣い」は親も反省させられるお話でした。

ゲームやテレビ・漫画の影響からか簡単に「不幸言葉」を口にする子供たち。
例えば「ウザい」や「死ね」や「最悪」など・・・・・。

本人たちは気にせずに使っているのだけど、とても気になった先生は授業中にそれぞれ「幸せ言葉」と「不幸言葉」を子供たちに考えさせ黒板に書かせたのだと・・・。


すると黒板の4分の3を埋めたのは「不幸言葉」。
競い合うかのように、次々に言葉が出てきたそうです。


でも、「幸せ言葉」を言おうとすると、急に言葉が少なくなった子供たち。
「ありがとう」・・・・その次は・・・・う~~ん、って感じでしょうか。


「不幸言葉」は考えなくても感情だけで簡単に出てきます。
軽く言ってしまった言葉でも、言われたお友達の心には深く傷を残すこともあるということ。
それは相手を不幸にするだけではなく、自分の心も不幸にしていくことを学んでほしいという話でした。

逆に「幸せ言葉」は考えて出る言葉。
聞いたお友達も幸せな気分になり、言った自分も心が豊かになる言葉。



はて?・・・・・私はどうなんだろう。


どのお母さんも「家で子供に不幸言葉を言っていたかも・・・・」と反省。



そんな言葉を聞いて育った子供は、お友達にも当たり前に言ってしまうのかも。
テレビやゲームの影響ではなく、「親」の影響だったのでは!?


いつもいつも
「早くしなさい!」「いつ宿題やるの?」「いいかげんにしなさい!」「ホント、むかつく~~~!!」とか感情的に怒っていた私。

かなり「不幸言葉」を浴びせ続けたかもしれません。



先生からのお話を聞き、

「あぁ・・、不幸言葉って感染して伝染する言葉かも」


って考えさせられました。


自分が否定されたら不幸な気持ちが感染して体を蔓延します。
「自分はダメなんだ・・・・」と。
そして他人にもそれを使い伝染させる。


「幸せ言葉」いっぱいで子育てできればいいんだけど、まだまだ人間ができていない母親です。


もちろん褒めてばかりで過ごすのは、今の私には無理!
せめて感情にまかせての「怒り」をもう少しコントロールできる母親にならなくては・・・。
「怒り」を「叱り」に変えながら、母親業を頑張ろうと思います。



DSC09715.jpg
DSC09719.jpg

スペイン語の授業にて・・・。




スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すごく考えさせられます。
私も「勉強しなさい!」「早く~」「なにやってるの!」と怒ってばかり•••
幸せ言葉と不幸言葉。
肝に銘じて覚えておこう!

でももんきちさんは子供のために朝早く起きてお弁当作ったり、子供の楽しくなるようにいろいろ企画したり、ほんといいお母さんって感じだよ。
ブログを読むといつも私もがんばろうって思います。

関係ないけど、今日、引っ越し一便(船便)を出しました。
また1ヶ月後に最後の引っ越しをして帰国します。
一時帰国する時は教えてね。^^

kaeさん

私も気が付いたらキツイ言葉をいうことが多いので、反省の毎日です・・・。

とうとう帰国の時期になったんですね。
考えてみればkaeさんがアメリカ・私がシンガポールに行く前にお会いしたのが最初だったもんね。
引っ越し先が決定したら、また教えてくださいね~。
今度は子供も含めて、ゆっくりお会いできることを楽しみにしています。
プロフィール

もんきち

Author:もんきち
2002年2月14日生まれのSHUと2004年10月20日生まれのRIKUの母。
男の子二人に振り回されながら、日々楽しく戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。