コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

子供たちのお買いもの

今日は小学校でバザーが開催される日。

子供のお小遣いは一人30ペソ。日本円だと200円以下。

私はPTA役員ではないんだけど、クラスの学級委員&副学級委員はお手伝いで昨日今日と学校通い。
商品を並べたり、値付けをしたり・・・。

メキシコでは子供たちが自由にお買い物をする機会なんて皆無に等しい。
なので、せめて学校で「お買い物」を体験させてあげるということもバザーの大きな目的の一つ。

とにかく子供たちの予算で思いっきりお買い物ができるように、1ペソ・2ペソ・5ペソのコーナーの品揃えは充実させた商品構成。

大人気はマンガの本。
「コロコロ」や「ちゃお」は数年前の物でも、あっという間に売れていく。
まぁ、それだけ日本の漫画は貴重だってこと。
そして今年買ったマンガを読み終えたら、来年のバザーにまた出されたりして、何年も同じ本が回り続けたりする。

お買い物は1年生から始まり、持ち時間は20分。
1~3年生ぐらいまでは、本も雑貨も豊富なのだけど、4年生ぐらいになると既にマンガは売り切れ状態。
「残り5分よ~」なんて声を聞けば、バーゲン会場の主婦のように、結構必死に「ホントにそれ必要?」って物も買い始める子供。
特に今年の2年生の物欲はすごかった。

うちは先に1年生の陸が「コロコロ」を2冊購入したので、手に入らなかった脩も一緒に読めたのでラッキー。

中学生の時間になると、更に買いたい物もないようで、何も買わないって子が増えていく。(特に男の子)

小・中学生が終わると先生の時間。
そして先生以外の学校関係者。(バスのセニョリータや事務・お掃除の人など)

それにしてもメキシコ人の学校関係者は、ものすごい勢いでお買い物をしていく。
そりゃ~服が2ペソとかだと、激安だもんね。
絶対そのサイズ無理だろ~って服もガンガン買っていく。

おかげで品物がどんどんはける。


この日は陸のサッカーもあったので、朝8時過ぎに家を出た私は、夕方6時まで学校に。
職員並みの滞在時間。

ものすご~~~っく疲れたけど、サッカー帰りの子供たちはお互いの戦利品を見せ合い、本当に楽しそう。
陸は11ペソのお買い物。
脩は13ペソのお買い物ができたようだ。

このバザーで30ペソを使い切るのは、持ちきれないほどの買い物をするということか。

母は疲れで、子供は満足で、本日は熟睡できそうだ。


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

もんきち

Author:もんきち
2002年2月14日生まれのSHUと2004年10月20日生まれのRIKUの母。
男の子二人に振り回されながら、日々楽しく戦っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。